なるほど肝炎

医療費助成について

なるほど!肝炎トップ > 肝炎治療を知る医療費助成について

「抗ウイルス治療」は、
医療費助成を受けることができます

B型またはC型肝炎に行われる「抗ウイルス治療」は高額医療となりますが、現在、厚生労働省と各都道府県では、「抗ウイルス治療」に対する医療費助成を行っています。申請を行うことで、治療費の自己負担を軽減することができます。
※「インターフェロン治療」、「インターフェロンフリー治療」、「核酸アナログ製剤治療」

医療費助成の対象

C型肝炎 インターフェロ
ン治療
  • インターフェロン(ペグインターフェロン)のみ
  • インターフェロン(ペグインターフェロン)とリバビリンの併用
  • ペグインターフェロン、リバビリン、直接作用型抗ウイルス薬(DAA)の3剤併用
インターフェロン
フリー治療
  • 経口剤(DAA、リバビリン)のみ
B型肝炎 インターフェロン治療
核酸アナログ製剤治療

自己負担限度月額

患者さんの世帯の市町村民税課税年額に応じて、自己負担額は、原則、月あたり10,000円(所得に応じて20,000円になる)で、「抗ウイルス治療」を受けることができます。

世帯の市町村民税
(所得割)年額
自己負担限度月額
235,000円以上の患者さん 20,000円
235,000円未満の患者さん 10,000円

申請方法

医療費助成の申請には、下記の書類が必要となります。

  1. ①肝炎治療(インターフェロン治療、インターフェロンフリー治療、核酸アナログ製剤治療)受給者証交付申請書(発行:お住まいの都道府県)
  2. ②医師の診断書(発行:かかりつけ医など)
  3. ③患者さんの氏名が記載された被保険者証等の写し(発行:各保険者)
  4. ④患者さんの世帯全員について記載のある住民票の写し(発行:お住まいの市町村)
  5. ⑤市町村民税課税年額を証明する書類(発行:お住まいの市町村)

医療費助成申請方法