なるほど肝炎

C型肝炎、B型肝炎に感染するとどうなる?

なるほど!肝炎トップ > 肝炎を知る感染するとどうなるの?

B型肝炎

B型肝炎ウイルスキャリアの約10%が、B型慢性肝炎となり、肝硬変、そして肝がんへ

成人になってからB型肝炎ウイルスに感染しても(水平感染)、ほとんどの場合、ウイルスは体の外に排除されるため、感染が持続する(キャリア化する)ことは稀です。その一方で、母子感染によって乳幼児期にB型肝炎ウイルスに感染すると、免疫系の働きが発達していないため、ウイルスを排除することができずに、約90%の方が無症状のままにB型肝炎ウイルスの感染が持続(キャリア化)し、B型肝炎ウイルスの「無症候性キャリア」となります。そして、B型肝炎ウイルスの「無症候性キャリア」となった子供が成長し、免疫系が発達すると、自身の免疫系がウイルスを排除しようとB型肝炎ウイルスに感染した肝臓を攻撃し始めます。その結果、肝臓が炎症を起こし、そのうちの10~15%の方が、炎症が慢性化するB型慢性肝炎になります。B型慢性肝炎になっても、症状はほとんどありませんが、治療をせず、そのままにしておくと、肝硬変へと進み、さらには、1年間にその中の1.2~8.1%の方が肝がんを発症します。
なお、B型慢性肝炎にならなかった85~90%の方は、B型肝炎ウイルスに感染した状態は続くものの、体内のウイルス量は少なくなり、肝臓の炎症は抑えられた状態になります。この方々は「非活動性キャリア」と呼ばれています[1]。非活動性キャリアでは、炎症は抑えられていますが、B型肝炎ウイルスは体内に住み着いており、気付かないうちに活動が活発になる可能性があるため、定期的に検査を受ける必要があります。

[ B型肝炎の自然経過] B型肝炎の自然経過 日本肝臓学会 編: 慢性肝炎・肝硬変の診療ガイド2016, 文光堂, 2016:p.11より改変

C型肝炎

肝がんの約65%は、C型肝炎ウイルス感染が原因

C型肝炎ウイルスに感染した方の約3割は、ウイルスが体外に排出され、治癒しますが、約7割の方はC型肝炎ウイルスに継続的に感染し、多くの場合、C型慢性肝炎になります。C型慢性肝炎はゆっくりと進行しますが、そのまま放置すると肝硬変に移行し、肝硬変になると1年間に約5~8%の方が肝がんを発症します[2]。そして、日本の肝がんの約65%は、C型肝炎ウイルスの感染が原因と言われています[3,4]

[ C型肝炎の自然経過] C型肝炎の自然経過 日本肝臓学会 編: 慢性肝炎・肝硬変の診療ガイド2016, 文光堂, 2016: p.30より作図
[ 肝がんの原因] 肝がんの原因 日本肝臓学会 企画広報委員会 編: 肝臓病の理解のために 5 肝がん,2015:p.1より改変
http://www.jsh.or.jp/citizens/booklet/